栄養士の仕事

このところ栄養士の資格を持つ方が増えてきました。
しかし資格を取得したけれどなかなか活かし切れていないという方も
いらっしゃるようです。
栄養士とは、都道府県知事が発行する免許を受けて
栄養指導に従事できる資格です。
管理栄養士になると国家資格(厚生労働大臣が発行する免許)で
傷病者の療養に必要な栄養指導や健康を保つための栄養指導等を行います。
継続的に食事を供給する施設等で一人一人の状況に応じた
給食管理や指導を行うことができます。
栄養士でもそういった仕事を行うことは可能ですが、
仕事の幅がより広がるのは管理栄養士です。

管理栄養士は、学校給食や滞在型介護施設、
病院などには必ず常駐することが多いようです。
このところ健康志向が主流になっているので、飲食店でも栄養士や
管理栄養士が監修したメニューを置いている店が増えてきました。
「管理栄養士監修」というような冠をつけることで商品価値が高まり、
購入者が増えているという現状もあります。
それだけ管理栄養士という資格を持つ人材は、
各方面で重宝される存在となってきているのです。

管理栄養士の資格を取得すると専門的分野での
仕事の幅がぐんと広がります。
そのためにはまず、基礎となる栄養士の資格を取り
実際に現場で経験を積むことが必要になります。

管理栄養士の資格を持つ方が就職先を探す場合は、
どのようなところを探すのでしょうか。
学校や病院、保健施設などが主だっているようですが、
実際は、社員食堂や医師が常駐する企業内クリニックなどでも
働いている方が多くいます。
学校給食や仕出し給食などを行う企業のほか、
自治体職員として入職される方もいらっしゃいます。
医療食を開発する企業の研究専門員や開発担当としての仕事、
大学などでの研究員として資格を活かす方もいるようです。
面白いところではエステサロンでも栄養指導・食事指導を行う
管理栄養士のニーズが高まっています。
エステサロンと栄養士という一見不思議な組み合わせですが、
痩身エステのプログラムの一部に食生活の改善が含まれているため、
エステサロンでも栄養士が求められているのです。

上記で挙げたように、栄養士と一言に言っても
実に様々な活躍の仕方があります。
栄養士として医療関連に関わることはもちろんですが、
その他の意外な方面で活躍できる可能性をまだまだたくさん
見つけることができます。自分にあった仕事を見つけ、
新しい分野でチャレンジしてみるのもおすすめです。