• 栄養士を目指している方向けのサイト
メジャーとクッキー

栄養士の職場

近頃映画などでも取り上げられるようになった栄養士の存在。
食事療法などのエキスパートとして認知度が高まって来ました。

給食現場などで働ける場が多いのですが、
このところでは健康管理専門の栄養士として
病院や薬局などの医療機関などで働けるフィールドが広がりつつあります。

特にメタボリック症候群の方のための食事指導、
糖尿病患者・腎臓病患者のための栄養指導などを行う栄養士の存在が注目されています。

その中でも「美味しく食べて痩せる」というような
食生活に関するヒントを提案できる栄養士の求人が増えてきています。

栄養士といえば「旬の食材を美味しく調理出来る方法」や
「低コストで食事を作る工夫」なども知識として有しています。

誰でも簡単に調理ができカロリーセーブができる、
必須栄養素をしっかり補給できる献立づくりができる栄養士は収入アップが見込めることでしょう。

食事指導や栄養指導の現場から独立してヘルシーな食事を
提供するレストランを開業することも夢ではありませんね。

また栄養士として仕事をする利点は、同じ資格を持つ同僚が職場に少ないことです。

管理栄養士は1職場に多くても3~5名程度の在籍となるので、
自分の思い通りの仕事ができるのは大きなメリットになるのではないでしょうか。

国家資格だからこそ

また国家資格保有者として給与待遇面も他の方よりも高い収入を約束されています。
今では法令により栄養士・管理栄養士の配置の必要がない
職場でも福利厚生やお店のサービスとして栄養士がいることをアピールする場合が多いので、
仕事探しをする際には職場の概要や職場環境に関してもチェックするようにしましょう。

公式のホームページなども合わせてチェックされると良いですね。
栄養士の国家資格を生かして働きたいけれど収入UP・キャリアアップを見込んだ転職をしたい場合、
なかなか新しい職場が決まりにくいということもあるようです。

転職支援サイトなどを複数チェックしながら職探しをすることも一案です。

お住まいの地域の近隣で良い求人内容が見つけられないと言う場合は、
転職支援サイトが提供するエージェントを利用することも良いですね。

希望勤務地をできる範囲で広げ、条件にあう職場探しをすることも念頭に入れて置きましょう。
エージェントは様々な悩みや相談などにも丁寧に応じてくれます。

転職サイトが逐一更新する求人情報をチェックしながら、
エージェントを併用することで自分自身が「やりたい」仕事をいち早く見つけることができるでしょう。