• 栄養士を目指している方向けのサイト
学校の給食

学校や病院

栄養士って学校や病院など給食の現場で働くことが多いというイメージがあります。

健康増進法という法律に基づいて、
規定数以上の給食を配膳する施設には管理栄養士を配置することが義務付けされているからです。

管理栄養士として、給食の献立を考えるだけではなく、
食材の発注・原価計算・栄養価計算など様々な仕事が求められます。

また調理員等の配置やシフトを考える等の人材の把握等をするなど
とてもハードワークが強いられるとも言われています。

そのために複数の管理栄養士を置いたり、栄養士資格を取得する方が、
管理栄養士のサポートをするということがあるようです。

給食現場は、学校や病院だけではなく、
老人保健施設や会社の社員食堂などもあげられます。

社員食堂では、社員の健康増進のため管理栄養士の手腕を活かして
「1食分600Kcal前後」にまとめられた定食を提供する企業も増えています。

社員食堂で働く管理栄養士が作成したレシピ本などは有名ですよね。
このほかにあげられるのは、健康食品を販売する化粧品会社の相談員などのお仕事もあります。

このような仕事は非常にレアケースなのですが、
顧客からの相談事を管理栄養士の資格をフルに生かし、
健康指導を行ったり、より良いサプリメントの用い方等を提案することができます。

電話相談を行ったり、実際に出張をして顧客から聞き取り等をすることもあるようですね。
病院の栄養相談を行う仕事もあります。

健康相談も仕事

医師の指示によって健康相談を行うことができます。

食事指導が主ですが、
特に糖尿病や腎臓病等の食事制限が必要な疾患を持つ方の献立を作ったり、
生活習慣病予備軍(メタボリック症候群)の方に対する食事指導が主になります。

医師と連携することで、管理入院の上食事指導を行う事ができますので、
患者に対し細やかな指導・対応ができるといった利点があります。

病院で栄養指導を行う管理栄養士は、
給食現場とかけ持ちをすることがありますが、
総合病院などでは給食業務と指導業務に関しては、兼任しないことが多いようですね。

転職で有利に事を勧めたい、学校で栄養指導を行いたいという場合は、
是非「栄養教諭」の免許を取得することも視野に入れましょう。

管理栄養士と栄養教諭の資格を同時に取ることが難しい場合もありますので、
学生のうちにさまざまな情報収集をすることをお勧めします。
転職をする際にどのような求人情報があるのか知りたいという方がほとんどです。

学校だけでなく管理栄養士の資格は保育所の給食員としても必要な人材になります。

保育所の場合には給食センターではなく、
各所で給食室を持っているケースが多いので最低一人の管理栄養士さんが必要になります。

そういった現場でもニーズがあります。

幼稚園や保育所専門の求人サイトを見るとそういう求人も多くでていますので参考までにご覧ください。

【幼稚園、保育園の求人情報】こんなサイトなんかを覗いてみると確かにこういう現場でも管理栄養士のニーズってありますよね。