• 栄養士を目指している方向けのサイト
ファミリーレストラン

栄養士ならではの職場

給食の献立作成や熱量計算、食品調達に原価計算、
レシピの確立など管理栄養士や栄養士の資格を持つ方は給食業界で様々な業務があります。

やりがいがあるフィールドなのですが、転職をしたいと考える方も多いのが現状です。
次に希望する転職先としてあげられるのは
管理栄養士や栄養士の資格を活かした給食業務関連以外の職場を希望する方が意外に多いようです。

食事とは切っても切り離せない栄養士の仕事ですので、
食と栄養、それにまつわる生活面をサポートする仕事と限られてしまいますが、
このような職業に関しても求人が意外と多いようです。

一例を挙げると、ドラッグストアや健康食品会社の相談員などがあります。

健康相談を受けることが主な業務で生活習慣病を予防する知識を伝授したり、
独自に開催するセミナー講師等の仕事が挙げられるでしょう。

また病院などに勤務経験がある方は、医療機器販売関連の会社に転職される方もいらっしゃいます。

知っているからこそできること

病院の内情を知っているからこそできる営業もありますし、
特に糖尿病や腎臓病患者に向けた医療機器を販売する際には
サービスの一環として栄養指導や食事指導を行うこともできます。

医師や看護師と二人三脚で仕事をすることもできますので、
病院・医療機器販売関連会社双方にとって大きなメリットをもたらすこともあるのです。

ただし、栄養士や管理栄養士の資格を活かした業務とはかけ離れた営業職という立場になりますので、
転職がかなった後に「こんなはずじゃなかった」として新たなる転職を考える方も少なくありません。

このほかに転職する先としては、
ファストフード業界のプランナーとしての仕事に携わる方もいらっしゃいます。

ファミリーレストラン等のメニュー考案や、
宅配弁当等のメニュー・レシピ考案等の仕事はこれから先需要が増えてくることでしょう。

宅配弁当に関しては高齢者世帯だけではなく、
生活習慣病患者の食事管理のためなどにニーズが増えており、
事業拡大を図っている会社も少なくありません。

顧客に長く宅配弁当を続けてもらうための工夫として栄養バランスを考えた食事作りが欠かせませんので、
数多くの栄養士等を配置してメニューの偏りが少ないお弁当づくりをしていくことも視野に含まれています。

このほかには、介護食のメニュー作りの仕事や
無理のない食事をするための工夫を研究していくなど栄養士ならではの仕事もたくさんあります。

たくさんの情報収集を行いながら、自分が輝けるための新しいフィールド探しを行いましょう。