• 栄養士を目指している方向けのサイト
栄養管理

健康管理のスペシャリスト

健康管理のスペシャリストとして働くことができる国家資格・管理栄養士。

自治体首長の免許が必要な認定資格・栄養士と並んで地位が認められる資格として人気です。

栄養士の職場の中で転職先として一番注目されているのが、
病院やグループホームでの特定保健指導のお仕事です。

病院給食等調理の現場で働く仕事とかけ持ちをして特定保健指導を行うこともあるようですが、
入院患者や外来患者に食事管理の指導を行うのみというような独立した職掌を持つ栄養士もいます。

食事管理が必要な方に対して、食事改善のための献立作りをしたり、
患者を集めて食事指導セミナーを開催することもあります。

特に糖尿病や高血圧の患者は食事のコントロールで病状を改善の方向に導くことができますので、
責任感や充実感を感じられるといいます。

一人一人の症状に合わせた食事療法のプランの組み立てや
主治医と連携した治療方針の策定など命を預かる難しい仕事もありますが、
やりがいを感じられるとほとんどの方がおっしゃっています。

栄養士の資格だけを取得している方は、
栄養教諭や管理栄養士資格を取得することを念頭に置かれることをお勧めします。

栄養士免許を持っているだけでは仕事内容に制限がありますし
、収入UPを目指した転職が難しい場合もあります。

少しでも良い環境の転職先を見つけたいという場合でも、
管理栄養士資格を持っている方が優遇されますので、
受験資格が満たされている方は早めの受験をお勧めします。

地位や年収アップが約束されている転職求人案件を見つけたい時にはどうしたらいいの?
という質問もあります。

転職支援サイト

転職支援サイトリクナビでは、
先に紹介した特定保健指導業務に携わる仕事や
給食作りのための有資格者募集の案件など様々な転職案件を見つけることができます。

実際にリクナビに無料会員登録をすることですべての求人案件を閲覧することができます。

会員登録をすれば、希望する勤務地や職種の詳細指定など
自分の条件にマッチングした案件を即見つけられるよう、
検索条件コンテンツも利用できます。

また希望する職種の新規案件が登録された際には
マッチングメールが届くシステムもありますので
利用することで自分のタイミングで転職することが可能です。

また、24時間いつでもサイトを利用することができますので、
仕事が休めずなかなか日中の転職活動が難しいと思われる方でも
自分の時間を使って自宅やケータイ・スマホから求人案件を探すことができます。

もちろん応募に関してもPCやモバイルから可能です。