• 栄養士を目指している方向けのサイト
キッチンで調理している女性

栄養士と管理栄養士のなり方

「栄養士」と「管理栄養士」ではできることの範囲が若干違ってきます。
栄養士は養成学校(専門学校も含む)を卒業し、
都道府県知事の免許を受ければ資格を得ることができます。

管理栄養士は、養成学校を卒業し国家試験に合格したのち
登録をすることで資格が得られます。管理栄養士の場合受験資格が定められており、
養成学校を卒業と同時に取得できる栄養士の資格とは違うところです。

管理栄養士の資格は、栄養士の資格を得てから栄養に関する仕事に
従事した方、栄養士養成の4年制大学を卒業した方にのみ受験資格が
得られるので、合格すれば栄養に関するスペシャリストとして
仕事をすることができます。

栄養士の資格だけでも栄養指導等の仕事に就くことはできますが、
健康増進法で定められた施設や保健所で業務に携わる方や、
栄養士・管理栄養士養成施設の教員や助手は、
管理栄養士であることが義務付けられています。

また、四年制大学もしくは専修学校を卒業後国家試験に合格をした
管理栄養士の場合は、栄養士養成課程を履修している事が分かりますので、
企業側としても「即戦力にならずとも大学で学んだ知識が欲しい」という理由から、
新卒や大卒の転職希望者を中心に採用する企業もあるようです。
逆に実践を重ねて仕事を積んできた栄養士を採用したいという
企業もあります。

栄養士と管理栄養士、どちらを取得すべき?

もし、受験資格が満たされている方は今後のことを見通して
管理栄養士の資格を取得されることをお勧めします。
管理栄養士でなければできない仕事など、栄養士との差別化が
進んでいますので、もし転職を考えた時に非常に有利になってきます。

管理栄養士の資格試験に関しては、厚生労働省が管轄になっています。
試験は年に一度、全国主要都市で行われます。
願書などは国家試験担当や地方厚生局、都道府県庁や
一部を除いた保健所の受付窓口でもらい受けることができます。

栄養士として仕事に従事している方が国家試験に携わると
勉強しなおさなければいけない事、新しく知識を
取り入れなければいけない事などがたくさん出てきますが、
専門学校で学び直したりすることも良いのではないでしょうか。
管理栄養士になれば一気に転職の幅が広がります。

今現在栄養士を目指して勉強している方も、
その後管理栄養士の資格を取ってスキルアップすることを意識して、
今のうちから見通しを立てておくとより今後の就職などが楽になるでしょう。

管理栄養士は携われる仕事の幅も広いので、
取得しておいて損をする資格ではないはずですよ。