• 栄養士を目指している方向けのサイト
根野菜

あわせて持ってるといい資格紹介

栄養士を目指す人にとって栄養士の資格を取得することが
目標であることは間違いありませんが、その他にもあわせて
とっておくと今後の役に立つであろう資格をいくつか紹介していきます。

これがあると知識がより広がるだけでなく就職の際にも有利になる場合が
ありますので、積極的に取って行きたいところですね。
まずは「野菜ソムリエ」という認定資格です。

参考サイト:野菜ソムリエ

野菜ソムリエ

野菜ソムリエという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると
思いますが、言葉の通り野菜に関する知識を持ったプロのことです。

野菜や果物について知り、自分で楽しむことを目的とする
「ジュニア野菜ソムリエ」、学んだ魅力を周囲へ伝えていく役割を
持つ「野菜ソムリエ」、更に幅広く野菜に関する知識を仕事で
活かすことができる「シニア野菜ソムリエ」の3種類にわかれます。

栄養士として取得するなら「野菜ソムリエ」、より高みを目指すなら
「シニア野菜ソムリエ」を目標にするとよいでしょう。
実際に看護師さんや栄養士さんもたくさん受けている資格で、
幅広く野菜のことを勉強するため非常に勉強になるのだそうです。

また、野菜の生産地などに関しても勉強するため、
食材選びの強い見方になってくれそうな知識でもあります。
学校給食や社員食堂などでは最近は産地も表示したりすることが
ありますので、そういった仕事に就きたい人は
とっておくと良いかもしれませんね。

また、他にとっておくと良い資格として
介護食士という認定資格があります。
介護食士とは、介護が必要なお年寄りの方でも食べやすい・食べることが
できる食べ物について勉強し、知識を深めるための資格です。

歯が弱っていたり嚥下がうまくできなくなってしまっていたりする
お年寄りに向けての食事作りは、健全な身体を持った私たちでは
やはりそれなりに大変なものがあります。

そこで、介護食士の資格を取得することでそういった介護食の
勉強をすることが可能なため、よりお年寄りの方の目線にそって
調理を行うことができるようになります。

介護施設などで給食を考える栄養士になりたい人や、
医療機関で介護食の開発に携わりたいと考えている人などはこの資格を
持っているとより有利に就職ができるようになるのではないでしょうか。

その他にも食に関わる資格はたくさん存在しています。
ぜひ自分の進みたい道に沿った資格を取って知識を深め、
就職に備えて下さい。