• 栄養士を目指している方向けのサイト
野菜

できること

管理栄養士・栄養士の資格を持っているとどういうことができますか?
どういった仕事に就くことができますか?

という疑問をお持ちの方も多いようです。
簡単に言うと、栄養士・管理栄養士になると、
給食を作る現場で働くことができます。

給食の献立作りや調理法の確立、熱量計算に給食設備の衛生管理や
食糧調達など、すべての事に関わります。

多くの給食調理の現場では、
調理師と共に調理を行うこともあるようです。

医療の現場では調理の現場には携わらないものの、生活習慣病などで
食事制限を受けた患者に対しての食事指導を行うこともできます。

この仕事に関しては、管理栄養士のみができる仕事です。

なぜかと言うと、医学や臨床に関する知識等が求められるので、
栄養学以外の勉強が必要になります。

病院では管理栄養士が行う栄養指導はとても重要になってきます。
食事管理の仕方や献立の組み立て方等を指導するだけでも
指導料として診療報酬を請求することができるからです。

管理栄養士は自治体の職員としても活動することができます。
特定保健指導等を主に、自治体住民の健康管理を一手に引き受けます。

このほかにも、福祉栄養士やスポーツ医学などに
基づいた栄養士の仕事など多岐にわたります。

重大な仕事

栄養士・管理栄養士の仕事は華やかな職種ではありませんが、
私たちの生活、一人一人に深く関わることができる重要な仕事です。

特に「食」は生きることには欠かせない重要な要素ですので、
楽しく食べること・おいしく食べること等を中心とした
食事方法の模索をしていくことが大切です。

栄養士として働くためには、まず食べ物を好きであることが
一番重要といえるのではないでしょうか。

求められるスキルというとちょっと違うように感じるかもしれません。
しかし食を扱う以上、食が好きでなければ仕事が全体的に
中途半端な結果となってしまいかねません。

食が好きであるからこそ、美味しそうな献立を工夫して考えたり、
食で誰かを健康にしようと思うことができるのだと思います。

また、食への探究心も欠かせません。

食が好きであるということと関わってくるのですが、
どうしたら美味しく食べることができるか、どうしたら子供が喜んで
くれるかなど、献立を考える上、で探究心を忘れないことが重要です。

自分が考えた献立を誰かが美味しいと言って食べてくれたら、
それはとても嬉しいことです。

食べてくれる人の「美味しい」のために惜しまず努力を
することができるかが、栄養士として働くために重要なのです。