• 栄養士を目指している方向けのサイト
キッチン

栄養士が活躍できる場所

栄養士や管理栄養士といえば、給食の献立作りをしたり、
病院内での食事指導が主な役割ですが、長く続けられる職場ですので、
栄養士が飽和状態にある分野も多いようです。

栄養士としての資格を活かし転職先として活躍できる職場を
探したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

栄養士の資格を活かして仕事ができる職業は、
食品会社の品質管理の仕事や商品開発などが挙げられます。
発想力がある方や品質管理検査等の仕事に就いたことがある方は
転職のチャンスかもしれませんね。

栄養士の転職

先にも述べた通り発想力があることはもちろん、
商品開発に関してはチームワークや確かな技術力も必要になります。

また、医療機器会社の営業担当者として転身することもできます。
特に医療用分析機器等を売り込む営業担当者は医療知識なども
必要とされてきます。

栄養士の資格を持っていれば、生活習慣病関連の検査機器を
販売する際にサービスとして健康に関する
患者向けのレクチャーなどもできることでしょう。

これまで営業畑で仕事をしていなかった方でも安心して仕事が
始められるよう研修等を充実させている会社もあります。
介護食関連の従業員管理や衛生管理等の仕事を任されることがあります。

栄養士の職務からは多少離れてしまうこともありますが、
転職を通じて上位職に就きたい、少しでも収入をUPしたいという方にはお勧めです。
営業職ですのでコミュニケーション能力があることが最低条件として求められます。

また、商品の提案力やしっかりとした説明ができるなど、
自分の言葉で話すことができるような人材が求められます。

栄養士と美容業界

このほかには、エステサロンなどでキレイに痩せるための
栄養指導を行ったり、企業で生活習慣病予防のためのセミナーや
ワークショップを開いて講演活動をするなどの仕事もあります。

エステサロンではある意味異業種ですから、
美容に関する興味を持っていることが第一前提となっているようです。

その上で、相手へアドバイスを行うための
コミュニケーション力などが求められます。
企業でのセミナーやワークショップを行う場合は、
人前でも堂々と話すことができる度胸も求められます。

企業で働く栄養士の仕事は、社内の福利厚生のための仕事よりも、
顧客に対する仕事ができる率が高いので、
外回りの仕事に興味がある方などにお勧めです。

基本的に上記で挙げた職業に関しては、ある程度の経験や国語力、
コミュニケション能力が要される場面が多い傾向にあるようです。