• 栄養士を目指している方向けのサイト
病院の入り口

転職先

栄養士が働く職場として、一般的な転職先としては、
病院や福祉施設での仕事でしょう。

病院での病院食を考えたり、福祉施設での給食を考えたり、
栄養士としては一番スタンダードな仕事内容です。

この職場では、献立作成や一人一人の状態に合わせた食事法を
見出せるように工夫・努力を重ねていくことができます。

また、病院で栄養士の仕事をする傍ら、
管理栄養士へスキルアップするための勉強もすることができます。

管理栄養士はそういった傷病者への栄養指導などを行うために、
医学的な観点の勉強もすることになります。

そのため、栄養士として既に病院にいるのであれば管理栄養士に
なるための勉強も兼ねることができますので、まさに一石二鳥です。

福祉施設の場合

福祉施設で働く場合、施設にいる利用者さんの状態にあわせて、
細やかに対応していくことが求められます。

例えば咀嚼をする力が弱い方もいますし、
流動食でなければ食べることが出来ない方もいます。

かと思えばしっかり食べられる人もいたりと本当に様々な状態に
ありますので、そういった方たちにどんな調理の仕方が最適なのか考え、
調理の指示を出すのも栄養士の仕事です。

しかし小さな施設であれば栄養士でも仕事が可能ですが、
大きな施設となると管理栄養士の資格が必要になります。

もし大きな施設で栄養士の仕事をしたいと思うのであれば、栄養士の
資格を取った後、管理栄養士の資格を取ることも重要になってきます。

管理栄養士の資格を持つ方であれば大きな施設での
給食業務だけではなく、健康食品会社などでの研究開発や
顧客相談室での相談窓口での回答業務等の仕事に就くことも可能です。
興味がある方はこちらのサイト等で求人を探すことが可能です。
研究職の求人ならテンプR&D

医療的観点や栄養学的観点でそれぞれ専門的な知識を持っているため、
顧客への回答を担当するには最適な資格なのです。

人づきあいが得意、顧客に納得してもらえる語り口で回答することが
できる等の特技があれば、高いポジションへの昇進なども
すぐかもしれません。

また、管理栄養士や栄養士の資格を活用して
上位職やキャリアアップを目指す場合は、営業職もお勧めです。

特に生活習慣病関連の検査機器等を販売する会社の営業は、
勤務経験などがあれば優遇されることもあるようです。

また健康講話やワークショップ等を開催する
担当者としての活躍もあるようです。

医療機関などで、生活習慣病患者へ対する生活指導をした経験があるなど
経歴があれば、指導職等のポストが与えられることも考えられます。

栄養士の資格を持っているだけでも十分働くことはできますが、
上を目指す気があるのであれば、ぜひ管理栄養士の資格取得を
目指してがんばって頂きたいと思います。