• 栄養士を目指している方向けのサイト
学校

働ける施設

栄養士や管理栄養士のお仕事には限りがあるのではないのかな?
と考えている方もいるようです。

ポピュラーな仕事先といえば、給食を出す施設ですね。
学校や医療機関など健康増進法という法律で定められた施設で
給食を出す場合には、管理栄養士を置くことが義務付けられています。

このような施設内では患者一人一人に則した療養食のほか、
季節を食で感じてもらうための行事食等の献立を決めたり、
熱量計算等を行っていきます。
調理師などとも連携をしながらより良い食事づくりを行っていきます。

調理現場にも立つ必要があり、力仕事や温度・湿度が高い厨房等を
行き来しますので仕事内容がハードになることも予想されます。

また運営管理や品質管理、衛生管理など様々な
仕事がのしかかってくることもあります。

仕事内容はハードだと言われていますが、管理栄養士・栄養士しか
できない仕事ですし、オリジナリティーを食事にプラスすることも
できますのでやりがいがあることでしょう。

知識や経験を活かせる

このほかのお仕事としてはこのところ健康志向が高まりつつあり、
宅配食や外食産業などでもカロリー計算がなされた食事を
希望する方は増えているようです。

特に一人暮らしの高齢者、糖尿病や腎臓病などで様々な食事制限を
受けている方のための宅配食に関しては、管理栄養士が
メニュー作り等をしっかり行い顧客へ提供しているお店が多いようです。

ファミリーレストラン等のメニュー作りでも栄養士の力量が問われます。
このような食事に携わる仕事だけではなく、
管理栄養士として培った知識を最大限に活かせる仕事があります。

営業職になりますが、医療機器メーカーで医師や看護師が
使用する検査機器等を販売する仕事です。

特に生化学検査や生活習慣病に関わる検査ができる機器の商品説明は、
管理栄養士の知識があればもっと違った角度から
切りだすことができるでしょう。

栄養士等の資格を活かしてもっと別の仕事に
チャレンジしてみたいという方にピッタリです。

営業職は経験がなくとも飛び込める仕事ですし、
これまで医療現場などで療養食や食事指導などで培ってきた
コミュニケーション能力を発揮できるチャンスです。

医療現場での職務経験がある方であれば優遇されることでしょう。

ここに挙げた仕事の内容はまだまだ一部です。
実際に求人情報を見てみましょう。

転職サイトでは数多くの栄養士・管理栄養士の有資格者を
求める企業が多数登録しています。
ぜひ自分に合った、自分のスキルを発揮できる職場を見つけて下さいね。