• 栄養士を目指している方向けのサイト
栄養計算

変わった求人

管理栄養士・栄養士の求人は長く働ける職業ということもあり、
求人が数多くないことも事実です。
そこで、もし施設などで栄養士として働くということにこだわりが
なければ、外食産業や食品業界に飛び込むこともおすすめです。

なぜ栄養士と外食・食品産業に関わりがあるのでしょうか?

今の時代「目新しさ」「健康」「斬新」など
保守的なものとそうでないものの両極端な物が話題を呼んでいます。

そのため、栄養学的な観点から健康食メニューなどを
作ることができる栄養士は、実は引く手あまたなのです。

栄養士が考えたとなると健康によさそうなイメージが沸くのも
わかりますし、お店の看板メニューとして利用することも可能です。

健康志向の現代では、そういったメニューは特に好まれ、
お店の売上に非常に貢献することもあります。
そのためわざわざ栄養士を雇って健康食メニューを開発したり、
メニューに細かく成分表示やカロリー表示などを
行うことで顧客の心を掴んでいるのです。

そういったメニューの開発などに携わると現場で直接お客さんの
反応を見ることはできないのですが、自身が考えたメニューが
世間一般に出回っていることを考えると嬉しくなれるはずです。

また、お店の売上に貢献できれば、その後の収入や仕事上での
ポジションなども確実にいいものになっていくことでしょう。

糖尿病専門医

その他のちょっと変わった仕事としては、糖尿病専門医等のもとで
食事管理を行う常駐の管理栄養士などがあります。

糖尿病専門医というかなり目的が狭まっている分、
1つのことに専念しやすいメリットがあります。
もちろん、患者一人一人の状態に即したメニュー作りや指導等を
行いますので仕事は割合ハードなものになることが予想されますが、
収入だけではなく仕事も一生懸命頑張りたいと考える方にはお勧めです。

こういった、少し変わった仕事に就きたいと思う栄養士の方は、
管理栄養士の資格取得をお勧めします。

別段都道府県知事が許可する免状でも職務上何ら影響はないのですが、
管理栄養士の資格を持っているだけで仕事の幅が広がります。

また学校給食の現場で働いたり生活習慣病患者や高齢者の
食事指導などができるのは管理栄養士だけです。

専任の仕事があるだけでかなりの収入アップにもつながります。
栄養士・管理栄養士の仕事は栄養や食に関する
スペシャリストと言えるでしょう。

ライフステージと食をしっかりとサポートできる立場にありますので、
資格を活かしてこれからますますいろいろな分野に
進出していけること間違いなしです。